オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
信用が大切
内部との接触

近年、不景気で倒産をする企業が増えています。
得意先がなんらかの理由で倒産をすると、取引をしていた企業はお金を返してもらうということができません。信用がないと取引をすることができません。
また、どんなに企業が儲けていたり、成長していて有名な企業でも与信限度額が2億円だとすると、売掛金の残高を2億円以上に増やすことはできませんし、2億円以上の売掛金残高を超えて販売をすることもできません。
売掛金が増えると返済をしてもらえない可能性があるからです。無理に販売をするとリスクが高まります。
与信限度額の設定ができれば、顧客の滞留状況を知ることができますし、管理が楽になります。
与信限度額を決めることでリスクを減らすことができるのです。

与信限度額を決める際にはまず、企業信用調査をしなければなりません。
企業信用調査にはいくつかの方法があります。
営業部や経理部などの社内内部の情報を入手するには「内部調査」、相手の企業から直接入手をするなら「直接入手」、情報を外部から得るのは「外部調査」、自分ではなく外部に調査を依頼するのは「依頼調査」です。
調査方法を確認したり、費用を見て調査方法を決めると効率良く企業信用調査をすることができます。

企業信用調査をすることで相手の資産状況を知ることができます。
資産状況を知ることで相手との取引の与信限度額を決めやすいです。
企業状況を知ることで今後の取引をしやすくなりますし、取引をしたあとも良い関係を築くことができます。
取引をしたあとに相手が倒産をし、お金を返してもらうことができないと相手との関係が悪化しますし、相手がなにかしらの理由でお金を返すことができないと信用を得ることができません。
よりよいお取引をするために企業信用調査は行った方がお得なのです。
自分の企業のためにもなりますし、相手企業のためにもなります。

自己判断で取引を辞めてしまうと相手との信用関係がなくなってしまいます。
相手企業とうまく付き合っていうには企業信用調査が必要なのです。

カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031